尿トラブル、とくに残尿感を抱える男性は多い!

2016-08-04_135600

前立腺肥大や頻尿、尿失禁などの排尿トラブルに悩む人口は、高齢社会の到来とともに増え続けているといわれていて、1日に1回以上の尿トラブルがある人はおよそ1300万人ともみられています。

一般に、排尿のトラブルは年齢が進むにつれて増えます。たとえば、日本排尿機能学会が2002年に行った調査によると60代ではまだ10%程度でしたが、70代では20%を超え、80代では40%近くにも及ぶといいます。

また、日本排尿機能学会の別の調査によると、尿トラブルの症状としては、「昼間頻尿(1日8回以上)」が50%、夜間頻尿(1晩1回以上)が69%、「残尿感」が18%。さらに、「尿意切迫感(尿意を感じるとがまんできない)」14%、「切迫性失禁(トイレまでがまんできずもらす)」9%などとなっています。

ほかに、民間企業の調査では、男性が感じる尿の悩みは残尿感や尿勢低下が60%以上、昼間頻尿が約40%となっています。

このように尿の悩みを抱えている男性は多いものの、デリケートな悩みだけに医療機関の受診などは気後れしてしまうことも多いのが現状です。本来は、きちんと受診することが大切ですが、医薬品にもこうした症状を改善する薬があります。「牛車腎気丸」や「八味地黄丸」、「清心蓮子飲」、「猪苓湯」、「五淋散」といった漢方処方を用いたものや、ウワウルシなどを使った生薬製剤が多く発売されています。

また、より気軽にという方には健康食品もおすすめです。ヨーロッパなどで排尿関連のエビデンスが発表されているノコギリヤシ抽出物や、リコピン、さらには、尿路感染症に加え、膀胱炎などにも良いといわれるクランベリーなどが注目されています。自分に合った尿トラブルはペニトリンマックス 効果などの改善薬を使って、アクティブな人生を送りたいですね。

20代後半から明らかな変化が

私は20代後半で、今まで10代の頃と20代前半の頃は精力が減ってきたなど考えることもなく、むしろ精力が強すぎて困ることの方が多かったです。理性が聞きにくかったり冷静な判断が出来ないことがたまにあり少し不満でした。しかしいざ20代後半にはいるとそれまでが嘘のように精力が後退してしまい、とても悲しく人生の楽しみが一つ奪われた気持ちになりました。今までは少し精力が弱くても良いかなと思っていましたがそれは間違いでした。私の場合は元々お酒が弱いのと体力がないので特にアルコール摂取した時、仕事の後などまったく精力がなくいざ性行為をしようと思っても、根本的にたたないとですることが出来ないという状態になってしまいました。

なので、人生の楽しみを取り戻したく精力剤に頼ろうと決心しました。そして私は精力剤の中でもペニスを大きくするという効果は無視して、単純にEDに治療に特化したものを選び半年くらい試しましたが結果としては、精力増大とペニスの大きさが大きくなるというどちらの効果も出ました。

正直、コスト的にはそこそこ高いなというイメージでしたが、せっかく女性と仲良くなりデートに行き、いざそういう行為チャンスの時に出来なければ、私の考えではそれまでのデート代や時間が無駄になるとまではいわなくてももったいないなと思ってしまったので、そういうことを考えると月に2万くらいの費用なら惜しまずに使った方が結果としては得になるなと思いました。精力があっても性交渉は体力をつかいマラソンと同じくらい疲れるといわれているので、体力がある若いうちに精力もしっかり保ち性交渉を楽しむべきだなと思いましたので、早い段階から精力剤を飲み始めたのは賢い判断だと自分では思っています。